COLUMN

コラム

トム・クルーズ

第31回目のコラムはエンジニアのOYさんです(入社3年目)

………….

エンジニアのOYです。
証券会社システム作ってます。

週末、電車内や駅がトムクルーズ広告ばかりだったので、今回私のおすすめのトムクルーズ映画を紹介します。
有名過ぎるミッションインポッシブルシリーズや、スピルバーグと撮ったやつなどはあえて外してます。

・トムはどんな役
・どんな映画
・補足
の順で列挙していこうと思います。

■アウトロー(2012)
・格闘が強いかつ名探偵コナン型トム
・話はオーソドックスで、頭脳明晰な人が事件解決を目指す映画。ほら、トムおじさんこんなかっこいいでしょ、どう、どう?というのを全面に押し出しているのですが、若干わざとダサく撮っててもはやトムのキャラをギャグにしてる映画(表現難しい)。俳優が主、話が従。
・トムは相性がいいと感じたのか、この映画の監督のクリストファー・マッカリーとその後何本も映画撮ってます。(Miシリーズ)

■トロピック・サンダー/史上最低の作戦(2008)
・ずっと出てるのに最後までトムだと分からなかったトム(よくこんな役やってくれたなと)
・戦争映画は本当の戦場で撮った方が、安い・リアル・短納期なんじゃない?という企画を頑張る映画。
・コメディですが激グロシーンがいくつか出てくるので注意。有名俳優がたくさん出てます。

■コラテラル(2004)
・白髪シルバースーツヒットマントム
・かっこいい。トム映画で一番好き。以上
・この映画の準備期間で監督のマイケルマンチームからコンバットシューティングの訓練を受けたトムは、この映画以降銃の扱い方がとてもうまくなる

■ハスラー2(1986)
・脇役イケイケ若者トム
・歳をとった主演が、オープニングで古いお酒の良さを語るところから始まります。トムに出会い、語るだけ・使うだけの立場を捨て、心に燃え上がる炎を爆発させアクターに舞い戻る、そんな映画です。
・主演の方はこれでアカデミー賞受賞。こういう、いくつになっても再起して頑張るって映画好きです。

以上で御座います。本当は仕事せずに、映画を浴びるように見続けたいOYでした。
これがコラムかと言われるとよくわかりませんが、頑張って書きました。
トップガン マーヴェリックいつ見に行きましょうかねー。